株式会社リアルプロパティ
9:00~18:00
お盆、GW、年末年始
2017年06月01日
ブログ

盛岡の空き家 維持・管理の悩み

国的に空き家が急増していることが社会問題となっています。実態調査によると「相続」による空き家が過半数に及んでいることが注目されます。

調査内容によると、建築年月の古いほど「相続」の割合が高いのが特徴です。

空き家の現状について

空き家の管理の心配事では、住宅の腐朽・破損の進行が高い割合となっています。次いで、庭の樹木や雑草の繁殖があります。

実態調査では建築年月が古いほど腐朽・破損の割合が高く、実際に、住まないままの住宅や遠方等の理由によって管理が難しい場合のケースでは、現状、このような住宅の腐朽・破損等の心配事が進行してしまった空き家が多く見受けられます。

 

盛岡の空き家の活用・処分でお悩みの方はご相談ください

実態調査による、空き家住宅の腐朽や破損・雑草の繁殖等の連鎖を起こさないためにも、「相続」する実家の活用等の方法については、早めに家族で相談し売却等で活用する方法を考えることが大切です。

弊社では、思い出や思い入れのある、大事にしていた不動産のご相談をお待ちしております。
空き家にある家財道具等の撤去・処分でお悩みの方のご相談もお待ちしております。

お気軽にご相談ください。

arrow_upward