株式会社リアルプロパティ
9:00~18:00
お盆、GW、年末年始
2017年06月02日
ブログ

ブータン外国公式訪問

婚約されることが明らかになった秋篠宮家の長女、眞子様が、昨日、公式訪問先のブータンに到着されました。

ブータンの首都ティンプーは官民挙げての歓迎ムードに包まれていて、地元メディアの関心も高いようです。

ブータンってどんな国?

ヒマラヤの小国ブータン 経済的発展ではなく、心の豊かさを追求する国造りを進め、「幸せの国」とよばれています。

基本的に国教はチベット仏教と定められています。その仏教を国民に浸透させるため、難解な経文の内容を仏教行事の「チャム」(仏教の教えを誰にでも理解できるように創作された踊り)で視覚的に表現することによりわかりやすく伝えるものになっています。

国民は公共の場で、男性は「ゴ」・女性は「キラ」という民族衣装の着用が義務付けられています。

仏像 人間の3つの煩悩について 格言などから、しあわせに生きるためのヒントがみつかるcountry。

「ブータン しあわせに生きるためのヒント」展 in 盛岡

昨年の夏に、東京・上野の森美術館で開催され、眞子様がご鑑賞された「ブータン しあわせに生きるためのヒント」の企画展が、今春、盛岡でも開催されました。

以前から気になっていた私は最終日に行き、チャムの際に使われる個性的なお面・伝統的な衣装や仏像などをじっくり見たり、眞子様も回された「マニ車」(※側面にお経が刻まれた円筒状のものすごく大きな筒で、時計回りに一回まわすとお経を読んだのと同じ徳を積んだことになるとされるもの)を回したりしてきました。

いろいろな物事の基準や、あたたかさが感じられる良い展覧会でした。展覧会は終了していますが、またの機会があった際はおすすめです。

眞子様、ブータンにご到着

現在、眞子様がご訪問されているブータンでは、「ブータンで良い思い出を持って帰ってほしい。一般人と結婚すると聞き、(皇族の立場より)愛の方が強いことを知って私も幸せ。幸福な結婚生活を送ってほしい」と祝福する声や、「(眞子様のことは)知っている。写真を見たけどかわいい」と笑顔を見せるなど、現地はとてもあたたかいムードに包まれているようです。

眞子様が成年して初めて務められた公務が、2011年に当時新婚だったブータンのワンチュク国王夫妻を迎えての宮中晩餐会で、その眞子様が今度はご自身の人生の節目にブータンへ公式訪問しています。

このタイミングで、友好親善目的で単独での公式訪問先に「ブータン」を選ばれた眞子様には、とてもあたたかいお人柄を感じます。

パステルカラーmint greenで統一したジャケットとスカートもとても素敵 goodです。

「眞子様 お幸せに!!!」

arrow_upward