株式会社リアルプロパティ
9:00~18:00
お盆、GW、年末年始
2016年04月11日
ブログ

AI

米IT大手マイクロソフトが発表した人工知能に関する記事が新聞に掲載されていました。

マイクロソフトは、SNS上で差別的発言を連発した公開したばかりの人工知能(AI)チャットボット「Tay」について謝罪し、脆弱性の修正に取り組んでいることを明らかにした。という記事です。(※公開したばかりの学習型人工知能(AI)チャットボットが極めて不適切な発言を連発するようになり、わずか1日で緊急停止させたそうです。)

コンピューターが人類を超えてしまう時のことを『技術的特異点』と言うそうです。

(※簡単に言うと、コンピューターが知性を持ち、自分でプログラムを改良し、超加速度的に進化が進み、人類のコントロールから離れ、もはやコンピューターが起こすテクノロジーの進化に人類が追いつくことも、理解することも出来ない瞬間のことだそうです。もっと簡単にいうと、人類が生み出したテクノロジーが、人類のコントロールを超えて急激に進化し始めるポイントの事です。)

『技術的特異点』に至る時期は、今後10年~30年程度らしいです。
結構直ぐです。

昨年、ビル・ゲイツ氏(マイクロソフトの技術アドバイザー)の見解として、

「機械は我々のために多くの仕事をして、きちんと管理すればポジティブな役割を発揮してくれるが、数十年後のロボットの知性は懸念すべきである。」という意見を述べているそうです。

先日、出先でロボットに「ありがとうございました。」と言われた瞬間、なぜか少し鳥肌が立った事がありました。

特にSF好きでもなんでもありませんが、AI・機械・ロボット等は人類のコントロールを超えてどこに進もうとするのでしょうか?

arrow_upward