株式会社リアルプロパティ
9:00~18:00
お盆、GW、年末年始
2018年09月12日
ブログ

中古住宅と新築住宅

中古か新築か? この悩みは不動産購入ではおなじみでしたが、最近では中古住宅の魅力が注目され取り上げられています。今回は、中古住宅を新築住宅と比べた時にどのような特徴が挙げられるかをご紹介します。

新築住宅と比べた時の中古住宅の特徴及びメリット

中古住宅の魅力の一つに、やはり価格の安さが挙げられると思います。ほとんどの場合、新築住宅よりリーズナブルな価格で購入できます。また、当然ですが中古住宅は実物がある点もメリットに挙げられ、実物を見られるのでイメージが違うということも無く、間取りや陽当りや設備の状態なども実際に確認することができます。

中古住宅のデメリットは?

デメリットとして、中古住宅には物件の古さや使用感等がありますが、これらの問題をデメリットとする場合はリフォームによって好みに解消することをお勧めいたします。

中古住宅でも、大事に使用され傷みや劣化の少ない物件もありますので、このような場合は磨き上げて良い雰囲気を残し、ほぼ現状のままにするか一部分をオーダーメイド的にリフォームするのがお勧めです。

一般的にデメリットとされる中古住宅の古さや使用感などは、物件にもよりますが雰囲気が素敵でビンテージの場合もあります。好みの問題もありますが、メリットとして感じられると中古住宅の選択の幅がもっと広がるのかもしれません。

最近では「中古」という物に対する抵抗感も無くなりつつあります。これからは様々な要因が影響すると思われますが、中古住宅市場もこれまでとは違った動きを見せることでしょう。

arrow_upward