新型コロナウイルス禍の時代は数百年後、どのように語られている?

【営業時間】9:00~18:00 【定休日】お盆、GW、年末年始

2021年11月16日

新型コロナウイルス禍の時代は数百年後、どのように語られている?

「パラダイムシフト」 現在では、多分野において「それまで当たり前だと考えられていた価値観や概念が、大きく変化する」という解釈で一般的に広く使われている言葉です。

新型コロナウイルスによって、教育やビジネスやスポーツや娯楽や人種差別や気候問題や多様性等様々な問題に直面し、世界中で急速に「パラダイムシフト」が頻発しています。

コロナ禍の収束には、まだ時間がかかると思われます。
終わればまた元の状態にもどるという声も聞かれますが、世界を含め、コロナ禍による急速な進化に対応した技術や価値観や選択肢等の競争・変化・格差等に日本社会も巻き込まれて、対応せざるを得なくなる=パラダイムシフトの推進力が加速するといった予測もあります。

今回のパラダイムシフトが社会にとって、ポジティブなものであってほしいと願います。
ページの先頭へ